サポーターサイト

FFFTP設定

それではFFFTPの設定をして見ましょう。

デスクトップにある、FFFTPのショートカットをダブルクリックしてFFFTPを立ち上げましょう。

スポンサードリンク

FFFTP設定:FFFTP設定をしましょう。

FFFTPを立ち上げましょう。

  • FFFTPを立ち上げましょう。
  • アイコンをダブルクリックして起動します。

新規ホストをクリックします。

  • 新規ホストをクリックします。

ホスト設定の入力画面

  • ホスト設定の入力画面が立ち上がります。

ホスト設定の画面の説明をします。

  • ホストの設定名:わかりやすい名前を自由につけましょう
  • ホスト名:FTPサーバ名です。私の場合、s9.coreserver.jpです。(メール記載)
  • ユーザ名:登録したユーザ名です。(メール記載)
  • パスワード:コアサーバーから来たメールにのっています(メール記載)
  • ローカルの初期フォルダ:FFFTPの左画面で最初に表示するあなたのパソコンの中のフォルダ
  • ホストの初期フォルダ:FFFTPの⇒画面で接続したときの初期フォルダ

先ほど控えたサーバ名、ユーザ名、パスワードを入力します。

当然ですが一人ひとり入力内容は違います。

控えていない方はXREAから送信されたメールを見てみましょう。


ホストの設定

  • ホストの設定名はあなたがわかりやすい名前にしておきましょう。
  • 初期フォルダの設定ですがとりあえず今はいいでしょう。あとで本格的にホームページを作成するときに入力してください。
  • 入力が完了しましたらOKをクリックします。

新しいホスト「アフィリエイトサイト1」ができています。

  • 新しいホスト「アフィリエイトサイト1」ができています。
  • それでは「アフィリエイトサイト1」をダブルクリックしてみましょう。

注意! 登録してすぐはサーバにログインできません。

これはサーバの準備ができていない場合がありログインできません。この場合、パスワードを聞かれます。数時間、時間をおいてからログインしてみましょう。


PASVモードを使う

  • ログインできそうで最後でとまってしまう方はホストの設定⇒拡張⇒「PASVモードを使う」にチェックを入れましょう。

サーバにログイン

  • サーバの用意が完了していればこのようにサーバにログインできます。
  • ユーザーやサーバー番号によっては画像と同じでない場合もあります。
  • 「public_html」の中がホームページを公開するフォルダになります。
  • 「public_html」をダブルクリックしてドキュメントルートに移動してみましょう。

ドキュメントルート「public_html」

  • ドキュメントルート「public_html」の下にはまだ何もありません。
  • またlogというフォルダがありますがここにはアクセス状況のログファイルが格納されます。
  • この「public_html」フォルダの中にあなたの取得したドメインを設定していきます。
  • ドメインの設定が終わると、ドメイン名のフォルダができます。そのフォルダの中にホームページをアップします。
  • また複数のドメイン(マルチドメイン)を設定する方はこの「public_html」なかに設定しただけのドメインのフォルダができます。
  • コアサーバーではこの設定できるドメイン数は無制限となっています。

以上でFFFTPの設定は完了です。


スポンサードリンク

FFFTP設定のカテゴリ

コアサーバーについて

バリュードメイン

アカウント取得

FFFTP設定

DNS設定

MovableType3.3

MovableType4

メールアドレスの設定

レンタルサーバー用語集

お問い合わせ

当サイトはコアサーバーのサポーターサイトとなっております。

コアサーバー関連のご質問はコアサーバーの方へお願いいたします。当サイトへ質問されても無責任なお答えはできないので原則質問のお返事はいたしません。

当サイトに掲載されている内容を作業して、損害や不利益が出ても当サイトの管理人は、一切関係ないものとします。自己責任でお願いいたします。

Copyright(C) www.coreserver.biz All Rights Reserved.