サポーターサイト
コアサーバービギナーズガイドトップ > MovableType4を入手 > MT4のFFFTPの設定

MovableTypeインストール

mt-config.cgiの編集を完了すればあとはアップロードするだけです。

FFFTPを立ち上げアップロード作業をしましょう。その前に・・

スポンサードリンク

MovableTypeインストール: FFFTPの設定とアップロード

お使いのサーバーのアカウントをFTPソフトに設定しましょう。

今回はFTPクライアントソフトの定番といえる、FFFTPを使用しました。

PASV(パッシブ)モード

ADSLやCATVなどのブロードバンド回線やLAN環境でインターネットに接続されているお客様の場合、そのままでは FTPに接続出来ない場合や、接続出来てもアップロードに時間がかかる場合があります。

その場合は、PASV(パッシブ)モードでの接続をお願いいたします。

PASV(パッシブ)モード

ホスト一覧画面で「設定変更」をクリックするとホストの設定ができます。

「拡張」タブをクリックすると「PASV(パッシブ)モード」をチェックする項目があります。これをチェックするとPASV(パッシブ)モードで接続ができます。


cgiファイルのパーミション(属性)の設定

FFFTPには拡張子によりパーミッションを自動的に適用する機能があります。

これを使い「cgi」と拡張子のついているファイルのパーミッションを自動設定するようにしましょう。

メニューの「オプション」⇒「環境設定」をクリックします。

FFFTPオプション

オプションの画面が出てきたら、「転送3」をクリックします。

「追加」をクリックしてデフォルト属性の設定において

ファイル名:*.cgi (アスタリスクです。「shift」+「け」で出ます。)
属性:700

とします。設定入力後「OK」をクリックします。

このようにしておくと「cgi」という拡張子のついたファイルを全て「700」のパーミッション(属性)にしてアップロードされます。


FFFTPでアップロード

FFFTPでサーバーに接続します。

FFFTPでアップロード

ドキュメントルートに先ほどのファイルの入ったフォルダを全てアップロードします。その後フォルダの名前を「mt」とリネームします。


データベースを格納するフォルダを作成する

dbフォルダ作成

フォルダをリネームしたら「mt」フォルダの中に入ります。

「mt」フォルダ内に「db」フォルダを作成します。


スポンサードリンク

MovableTypeインストール設定のカテゴリ

コアサーバーについて

バリュードメイン

アカウント取得

FFFTP設定

DNS設定

MovableType3.3

MovableType4

メールアドレスの設定

レンタルサーバー用語集

お問い合わせ

当サイトはコアサーバーのサポーターサイトとなっております。

コアサーバー関連のご質問はコアサーバーの方へお願いいたします。当サイトへ質問されても無責任なお答えはできないので原則質問のお返事はいたしません。

当サイトに掲載されている内容を作業して、損害や不利益が出ても当サイトの管理人は、一切関係ないものとします。自己責任でお願いいたします。

Copyright(C) www.coreserver.biz All Rights Reserved.